奈良 東大寺大仏様お身拭い

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜の内に奈良に入り、今朝は東大寺の大仏様の御身拭いをさせていただきました。前回のお身拭いは奈良に住んでいた18年前、久しぶりのご奉公です。

僕が担当させて頂いたのは蓮弁、蓮台。蓮弁、つまりハスの花びらは幾度の大火で継ぎ接ぎ状態ですが、一部に釈迦仏や菩薩をはじめとする線刻が残り、そして極めて一部分に当初の鍍金が残っていました。大仏殿にある蓮弁のレプリカでは線刻のみが金色となっていますが、当初は全面に鍍金されていたようです。大仏様も台座も黄金に輝いていた創建当時は、さぞや壮観だったろうと思います。台の上に登ると外周部に雄しべが3列、その内側には蓮の実がありました。

昨日に引き続き、世界平和をお願いしました。

20150807_s.jpg

20150807_091238_s.jpg

20150807_091555_s.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://110.50.204.191/cmt/mt-tb.cgi/143

コメントする