別荘建築の設計は、
d/dtにおまかせください

d/dtは軽井沢での別荘設計の実績が豊富です


緑あふれる自然と、長い歴史のなかで育くまれた文化。
軽井沢は、日本の別荘地の中でも別格の存在です。
この地で別荘の設計実績を豊富にもつd/dt(ディーディーティー)は、
軽井沢の自然と文化を未来に伝える建築をおとどけします。

軽井沢の自然と
対話する建築

d/dtの別荘建築は、軽井沢の木々や、山々との対話を大切にしています。

暖炉の火を眺めつつ語らうリビング
雄大な景色を一望できるテラス

自然をすぐそこに感じられるバスルーム

オーナー様が求める軽井沢の別荘生活をていねいにヒアリングし、
建築家のノウハウをいかして、
敷地ごとの個性を最大限に活かした設計を行います。

軽井沢の気候風土を
熟知した設計

古くから避暑地として親しまれてきた軽井沢の気候風土には、次のような特徴があります。


【春】ゴールデンウィーク頃に花はゆっくりと咲き始め、5月後半から入梅まで新緑の美しい時期です。
【夏】冷涼な気候ですが、軽井沢も最近の都市化、地球温暖化の影響か、日中は暑く感じる日が多くなりました。夕立も多く、湿度が非常に高い時期です。
【秋】紅葉は早めに訪れます。落葉後は澄んだ空が広く感じられます。
【冬】雪は多くはありませんが、気温は氷点下10~15度まで下がることもあります。湿度は非常に低くなります。

かつての軽井沢は秋から冬にかけては寂しい雰囲気でしたが、1998年の長野オリンピックを契機に上信越道、新幹線が開通し、冬も賑わうようになりました。特に冬の人口は年々増加していると実感します。

新幹線で東京から1時間という地の利、リモートワーク、ワーケーションの普及もあり、軽井沢で通年を過ごす方、定住者も増えています。
かつての別荘は夏を旨として建てられていましたので、古い別荘は冬がとても寒く、通年利用のためにリフォームや建て替えも行ってきました。

d/dtは軽井沢の気候風土をふまえた上で、一年中快適に過ごせて、メンテナンスのしやすい別荘を設計いたします。

軽井沢との深いつながり

d/dtは軽井沢で別荘以外の建築設計も手掛けており、軽井沢の各種ネットワークと深いつながりを持っています。


現在は軽井沢にて、軽井沢安東美術館(2022年秋オープン予定)、インターナショナルスクール UWC ISAKキャンパスの施設(2022年末竣工予定)のプロジェクトが進行中です。
設計パートナー武富は自ら軽井沢の別荘ライフを長年経験しており、一般社団法人軽井沢ソーシャルデザイン研究所理事、軽井沢赤門会事務局長、軽井沢しらかば会幹事、軽井沢会正会員でもあります。
複数の地元工務店ともつながりがありますので、施工の面でもご安心ください。軽井沢で別荘用地をお探しの方には、敷地選定のアドバイスや不動産会社のご紹介も可能です。

その他、全国各地でも別荘の設計をいたします。ぜひd/dtにご相談ください。

We provide thorough architectural services to bring your ideal project to life: design brief development, site survey, site purchase advice, preliminary to detailed design, building permit and approvals submission, tender assessment, building cost management, construction supervision, etc.
Please do not hesitate to contact us via the contact form for further information or to arrange a free initial consultation session.

PAGE TOP