教育施設

約45年前に福知山市内の丘の上に建てられた旧聖テレジア幼稚園の移転・新築の計画です。
当時はひとつの建物に幼稚園とカトリック教会が併存する形が取られていましたが、JR福知山駅前への移転を機に、敷地を二分し、北側に幼稚園新園舎を南側に教会をそれぞれ建設することになりました。
建物は分かれますが、カトリック精神に基づく共同体として、両者がともに発展することをを望まれた建て主の要望に添い、幼稚園の園庭と教会の前庭を挟んで二つの建物が対面する配置としました。
教会からは幼稚園の園児の走り回る姿が、また幼稚園からは教会に祈りに訪れた人々の姿を互いに見ることができます。両者はときには共同で、あるときには他方の施設を借りて、それぞれの活動の利便性を高めることができます。
幼稚園の教室は緩い円弧に沿って配置され、廊下の端に立っていてもすべての教室の入り口を見渡すことができます。園全体の一体感を高めるとともに、視認性が高いことでより安全に日々の活動を行うことができます。
建物には福知山の山並をモチーフとしたコンクリートシェル構造の山形の輪郭の屋根が載せられ、周囲に見える山並や街の家々の屋根に重なりあって溶け込み、周囲の景観と一体化することを意図しました。

DATA

所在地
京都府福知山
主要用途
幼稚園
構造・構法
鉄筋コンクリート造
階数
地上2階
敷地面積
1,584.51m2
建築面積
700.58m2
延床面積
1,389.89m2
設計担当
岩田恵
構造設計
KAP
設備設計
リサーチ&デザイン設備事務所
施工会社
藤木工務店
撮影
小川重雄
竣工
2014年12月

d/dt Arch.のサービス、設計・監理業務のご相談、
プロジェクトに関する事など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

PAGE TOP