別荘

モミジ、カラマツなどの樹木が生え、また苔に覆われた敷地は南西に向かって緩やかに傾斜しており、その方向に離山を望むことができる。焼杉板の外壁で「の」の字を描き、その上に敷地の傾斜に沿った一枚の屋根を架けた。庭へ向かって開かれた部分は大きな窓によって庭と連続した、リビングを中心としたパブリックゾーンである。吹抜け上部にはライブラリーが吊られ、離山を望むとともに、庭を見下ろすことができる。焼杉板の外壁に沿って階段を上っていくと、寝室、浴室などプライベート空間を納めた「の」の字の閉じた部分に至る。この部分はV字型の木製柱によってツリーハウスのように空中に持ち上げられ、下部はピロティとなって南北の庭がつながっている。

DATA

所在地
長野県北佐久郡軽井沢町
主要用途
別荘
構造・構法
木造
階数
地上2階
敷地面積
997.70m2
建築面積
88.01m2
延床面積
107.70m2
設計担当
武富恭美
構造設計
山崎亨構造設計事務所
設備設計
高山浩・平井孝典
施工会社
相崎工務店
撮影
宮本敬文 / Keibun Miyamoto
竣工
2008年5月

d/dt Arch.のサービス、設計・監理業務のご相談、
プロジェクトに関する事など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

PAGE TOP