別荘

旧軽井沢銀座から二手橋を渡り、矢ケ崎川に沿って登っていくと、町の賑わいは次第に遠のき、浅間石の石垣が続く静かなエリアとなる。川沿いの道を右に折れ、斜面を登って行った先、矢ケ崎川を挟んで愛宕山と向かい合い、また離山を望む傾斜地に建つ別荘である。
「くさび」を斜面に打ち込むように建物を建て、そこからぶら下げるようにバルコニーを設けている。バルコニーから連続する居間の窓は全て開放することができ、一枚の絵画のように風景を切り取る。

DATA

所在地
長野県北佐久郡軽井沢町
主要用途
別荘
構造・構法
木造、鉄筋コンクリート造
階数
地下1階 地上2階
敷地面積
1,001.44m2
建築面積
53.83m2
延床面積
92.83m2
設計担当
武富恭美
構造設計
梅沢建築構造研究所
施工会社
第一建設
撮影
武富恭美
竣工
2011年6月

d/dt Arch.のサービス、設計・監理業務のご相談、
プロジェクトに関する事など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

PAGE TOP